本文へスキップ

学外の方へ

各種申請と手続きの流れ

    1.共同研究について

     民間企業等の研究者と本校の教員が共通の課題について対等の立場で共同して研究を行う制度です。民間企業等から研究者と研究経費を受け入れて基本的に本校を研究の場として行うタイプと、共通の課題について本校の教員と民間企業等の研究者が研究を分担し、それぞれの場において研究を進めるタイプがあります。
     なお、共同研究の結果、共同発明が生じた場合は、本校と共同研究者が共同して特許出願し、特許権は共同所有となるのが原則です。
      ・共同研究取扱要領
      ・共同研究申請書
      ・共同研究契約書(モデル) : 詳しくは直接お問い合わせください

    <<手続きの流れ>>
  • 申請者から学校に共同研究申請書を提出
  • 学校から受け入れ決定の通知
  • 学校から共同研究契約書が提示され、申請者と書面を交換して契約締結
  • 学校から研究費の納入依頼
  • 申請者から研究経費の納入

  • 2.受託研究について

     民間企業等から特定の研究の委託を受けて本校教員が研究を行う制度です。研究の内容としては、例えば、技術相談から発展したものも含まれます。研究に要する経費は、研究を委託した民間企業等に負担していただきます。
      ・受託研究取扱要領
      ・受託研究申込書
      ・受託研究契約書(モデル) : 詳しくは直接お問い合わせください

    << 手続きの流れ>>
  • 申請者から学校に受託研究申込書を提出
  • 学校から受け入れ決定の通知
  • 学校から受託研究契約書が提示され、申請者と書面を交換して契約締結
  • 学校から研究費の納入依頼
  • 申請者から研究経費の納入

  • 3.寄附金について

     民間企業等から寄附金を受入れて、本校の学術研究や教育の充実発展に活用する制度です。例えば、「○○に関する研究」など研究目的を指定した寄附金、特定の研究者の研究活動を支援する寄附金などの受入れが可能です。
      ・寄附金申込書

    <<手続きの流れ>>
  • 申請者から学校に寄附金申込書を提出
  • 学校から受け入れ決定の通知
  • 学校から寄附金の納入依頼
  • 申請者から研究経費の納入

  • 4.技術相談について

      ・お気軽に地域共同テクノセンター相談窓口(電話0836−35−5007)へご連絡ください。
      ・技術相談申込書

    <<手続きの流れ>>
  • 技術相談申込書、技術相談申込フォーム(準備中)、電話などによる技術相談の申込み
  • 学校側での対応者の通知

  • 5.地域共同実験室の利用者募集

    テクノセンター4Fにあります地域共同実験室3室(1室:48m2)の利用者を募集します。
    利用希望者は企画連携事務室連携係までご連絡下さい。

    地域共同実験室利用申請書
    地域共同実験室利用申請書(2室使用)

    1. 使用料
    学内関係者 180,000円/年/1室 (48m2 (15,000円/月)
    学外者 360,000円/年/1室 (30,000円/月)
    【使用可能な設備】 電気:100V、動力:200V、圧縮空気、空調、水道、内線電話、LAN(学内者限定)

    2. 使用条件 宇部工業高等専門学校地域共同テクノセンター利用細則を遵守することのほか
      ・具体的な研究テーマを有し、その研究遂行のために使用すること。
      ・期間満了後、その研究テーマに対する成果報告ができること。
      ・期間満了時、室を元の状態に復帰すること。
      ・本校の係員が調査等のため、使用中の室に立ち入る場合は、これを妨げないこと。

    3. 使用期間
      ・原則として1年間または6ケ月間とする。ただし、特別な理由がある場合は月単位の利用を認めることがある。
    4. 使用許可優先順位
      ・優先順位1…共同研究、受託研究の契約を締結している者が、その研究遂行のために使用する場合。
      ・優先順位2…寄附金等外部の資金を得て企業等から依頼された研究を行う者が、その研究遂行のために使用する場合。
      ・優先順位3…外部資金を得ずに企業等から依頼された研究を遂行するために使用する場合。
      ・優先順位4…上記の優先順位1から3以外の場合の者で、テクノセンター長が認めた者。